フランシスコ教皇がワクチン接種「倫理的行為」と接種呼びかけ2021年1月15日 6時05分               ローマ・カトリック教会のフランシスコ教皇が新型コロナウイルスのワクチンの接種を受け、「倫理的な行為だ」として接種を呼びかけています。ローマ教皇庁の報道官は14日、84歳のフランシスコ教皇と、前の教皇で2013年に退位した93歳のベネディクト16世がワクチンの接種を受けたことを明らかにしました。接種を受けた詳しい時期は明らかにしていませんが、バチカンでは13日から医療関係者や高齢者を対象にワクチンの接種が始まっていました。若いころに病気で肺の一部を切除したことで知られているフランシスコ教皇は、メディアのインタビューに対し「自分の健康や命だけでなく他人の命も危険にさらすことになるので誰もがすべき倫理的な行為だ」と述べて、ワクチンの接種を呼びかけています。また、先月のクリスマスのメッセージでは先進国か途上国かにかかわらず誰もが接種を受けられるよう国を超えて協力するよう訴えていました。

教会見学 Visit to church 
                            

コロナウイルス蔓延の危険から、見学を中止していましたが、現在はミサ以外は見学できるようになっています。


You could not visit to church, but it is possible now except for mass.

週日weekdaysは10h~16hまで。
   
日曜日Sundayは12h~16hまで。

    しかし、結婚や葬儀などの行事で見学できないこともあります。
  無料で見学できます。(It's free.)  

見学の際にはマスクを着用し、三密とならぬようくれぐれも注意下さい  

Wear a mask and  Remember Three Cs .
Avoid the 3️⃣ Cs.
There are certain places where COVID-19 spreads more easily:
1️⃣ Crowded places
2️⃣ Close-contact settings
3️⃣ Confined and enclosed spaces

ミサの一般公開について(2021.2)

ミサの一般公開も当分ありません。
函館は現在感染者が増加しつつあります。 

他地区からの信者さんを門前払いはしませんが、当教会はお年寄りの信者が多く、みなコロナを恐れています。どちらが大切かよく考え、思いやりある行動をお願いします。

The general public cannot participate in the mass for the time being.



結婚式について

当教会の聖堂で結婚式を挙げたいという方が時々訪れていらっしゃいます。

・基本的には教会で結婚式を挙げることができるのは信者のみです。  
・しかし、キリスト教に深い関心をお持ちで、勉強した後に式を挙げたいと言う方には、5~6回の勉強をした後に認められることもあります。
そのような強い希望をお持ちの方は、司祭館までお問い合わせ下さい。

なお、衣装や写真等の用意はありませんので各自で手配下さい。
    (教会による縛りはありません。お花についても同様です。)